エリオット波動理論の修正波「トライアングル」の特徴とその戦略

トレード理論

エリオット波動理論とは、エリオット波動の基本形と相場の値動きの形を当てはめて相場の局面を予測するテクニカル分析の1つです。

そのエリオット波動には推進波(トレンド方向に進む)修正波(トレンド逆方向に進む)の2種類の波動が定義されています。

さらに、推進波は「インパルス」と「ダイアゴナル」という2つの基本形、修正波は「ジグザグ」「フラット」「トライアングル」という3つの基本形に区別できます。

本記事では、この5つの波形の中の修正波「トライアングル」について、その特徴と使える戦略をまとめます。

基本的に修正波「トライアングル」は上値と下値に引いたラインがある1点に収束して三角形を作ります。レンジ相場でしばしば観測することができます。

「ジグザグ」「フラット」よりも値動きが少なく時間的な修正、「横ばいの修正波」とされます。

しかし、トライアングル完成後は大きなトレンド方向に素早く値動きする特徴もあります。

そのため「トライアングル」を知ることでレンジ相場での無用なエントリーを減らし、損失機会を減らすことができます。

また、トライアングル完成後の値動きを狙った期待値の高いトレード戦略を実践できるでしょう。

スポンサーリンク

トライアングルの基本的な4つの特徴

「トライアングル」は値動きの幅がしだいに小さくなり、三角形のような形をチャートに形成するエリオット波動です。

基本的な「トライアングル」は他で呼ばれている「ペナント」というチャートパターンと一致します。

下の図では上昇トレンド中に発生した「トライアングル」を想定しています。

※実際の相場では下降トレンド中にも「トライアングル」は発生します。

「トライアングル」の特徴は以下の4つのことが挙げられます。

A-B-C-D-Eの5波構成(副次波はすべて3波構成)

トライアングルは他の修正波「ジグザグ」「フラット」と異なりA-B-C-D-Eの5カウントつまり、5波で構成されています。

またA~E波はそれぞれ3つの副次波で構成されています。

A~E波はすべてジグザグの波形が現れやすいです。(もちろん絶対ではないので、どれか一部の波がフラットやトライアングルになることもあります)

しだいに上下の値動き幅が小さくなる(収束する)

「トライアングル」の最も特徴的な性質がその名前に現れています。トライアングルは三角形を意味です。

「A波終点とC波終点を結んだライン」「B波終点とD波終点を結んだライン」の2つのトレンドラインを引いたとき

基本的な「トライアングル」は、しだいに上値ラインが切り下がっていき、下値ラインが切り上がっていくような値動きをします。

このときの上値ラインと下値ラインが作る形が三角形となります。

ほとんどの場合、A波で価格的な修正(トレンド逆方向に大きな値動き)をします。

その後に続くB波以降は値動きが小さく時間的な修正になります。このため「横ばいの修正波」と認識されます。

また、後に紹介する「変形したトライアングル」についても、いずれの場合も2本のラインは三角形を作るような値動きをします。

C波は複雑化、E波はスローオーバーしやすい

「トライアングル」のC波は複雑化しやすく、時間的に長期化する傾向があります。

C波を構成する3つの副次波が複雑な修正波になることがあります。複数の修正波が連結したものを複合修正波と呼びます。

複雑化・長期化した場合、C波の時点でトライアングル完成と勘違いする危険があります。

このようなとき、値幅が小さくローソク足は上下に揺れるので普段よりも波形のカウントがあまりにも分かりづらくなります

波形カウントが難しいときは、この複合修正波を疑ってトレードすべきではありません。

また、「トライアングル」のE波はスローオーバーしやすいです。

スローオーバーとは、分析で引いたチャネルラインを越えて値動きすることです。

図の例のように「A終点とC終点を結んだライン」よりを越えて値動きする現象です。

E波はラインをブレイクしやすいので「ブレイクした方向に値動きが進む」と勘違する危険があります。

しかし、実際は「トライアングル」中でのスローオーバー後には、トライアングル形成前の大きなトレンド方向へ値動きが戻るので注意です。

トライアングル完成後は、大きなトレンド方向に優位性がある

図の例のようにE波が下値のラインを越えたとしても、その後の動きは上昇トレンド方向への優位性が高いです。

つまり、

上昇トレンド中のトライアングル完成後は、再び価格は上昇する可能性が高い
下降トレンド中のトライアングル完成後は、再び価格は下落する可能性が高い

トライアングル形成前のトレンド方向をチェックし、E波終点を逆張りする戦略をとることで期待値の高いトレードができます。(トレンド方向に対しては順張りになります)

スポンサーリンク

出現しやすい場所

「トライアングル」は一回り大きな波形で見たときに、その波形の最後の波の1つ前のカウントに現れやすいです。つまり、以下のような波のカウントで現れやすいです。

インパルスの4波
ジグザグのB波
トライアングルのE波
スポンサーリンク

他のトライアングルの種類(変形したトライアングル)

上昇型と下降型トライアングル

基本的な「トライアングル」と異なり、上値あるいは下値ラインのどちらかが水平線になることです。

上昇型では、上値がある価格で水平線が引け、下値が切り上がっていきます

別名で「アセンディングトライアングル」と呼ばれます。

下降型では、上値が切り下がっていき、下値がある価格で水平線が引けます

別名「ディセンディングトライアングル」と呼ばれています。

上図の4つの例のようにトライアングル完成後は、基本的な「トライアングル」同様に大きなトレンド方向への値動きの優位性が高いです。

ランニングトライアングル

基本的な「トライアングル」と異なり、B波終点がA波始点の価格を超えて拡大します。

C波以降は基本的な「トライアングル」と同じように値幅が小さく収束していきます。

このような少し変形したものを「ランニングトライアングル」と呼びます。

A波とB波の関係のみがイレギュラーであり、その他の特徴は「トライアングル」とかわりありません。

拡大型トライアングル

基本的な「トライアングル」と異なり、値動きの幅がしだいに拡大していくものが「拡大トライアングル」です。他の「トライアングル」とは逆の三角形を形成します。

別名を「エクスパンディングトライアングル」と言います。

A-B-C-D-Eと波が進むにつれて上値を切り上げていき、下値を切り下げていきます。

値幅の目安はチャネルラインで予測できます。

しかし、直近の上値と下値を更新していくので、更新するたびにトレンド発生と勘違いもしやすい値動きになります。

このため「拡大型トライアングル」はややこしく、多くのトレーダーが損をしやすい波形です。

「A波終点とC波終点を結んだライン」と「B波終点とD波終点を結んだライン」が上図のような三角形を作るときは「拡大型トライアングル」を疑いましょう。

「拡大トライアングル」は、基本的な「トライアングル」を含めた「トライアングル」波形の中でも出現する頻度は少ないですが、ときどき相場に現れる波形でもあります。

憶えておいて損はありません。

スポンサーリンク

まとめ

エリオット波動理論の修正波である「トライアングル」は「横ばいの修正波」です。最も特徴的なのは上値ラインと下値ラインで「三角形」を形成することです。

トライアングルの具体的な特徴は以下の4点です。

A-B-C-D-Eの5波構成(副次波はすべて3波構成)
上下の値動き幅が小さくなる(ラインが三角形を作る)
C波は複雑化、E波はスローオーバーしやすい
トライアングル完成後、大きなトレンド方向に優位性
 

また、トライアングルには大きく分けて3つの変形したものがあります。

上昇型・下降型トライアングル
ランニングトライアングル
拡大型トライアングル

特に上昇型・下降型は相場によく現れるので、憶えておいて損はありません。

総じて「トライアングル」の出現位置は、インパルス4波ジグザグB波のように「最後の波の1つ前」が多いです。

 

また、戦略としては4つめの特徴によって、トライアングル完成後の値動きを狙うのが有効と考えられます。つまり、E波終点で逆張りを狙うと良いでしょう。

一方で他のA~D波は価格が上下するだけではなく、しだいに値幅も小さくなるので期待値の高いトレードはできません。

A~D波の進行中は波のカウントをすることに専念するべきです。ポジションを仕掛けるのはおすすめできません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました