エリオット波動理論の修正波「フラット」の特徴とその戦略

トレード理論

相場のリズム(流れ)を掴むためにエリオット波動理論は使えるテクニカル分析の1つです。

通貨ペアあるいは株式の銘柄に限らず、現在のトレンドは序盤なのか中盤・終盤なのかを予測することができます。

エリオット波動理論にはトレンド方向に進む推進波と逆方向に進む修正波の2つの波動が定義されています。

さらに、推進波はインパルス」「ダイアゴナルの2つの基本波形に、修正波はジグザグ」「フラット」「トライアングルの3つの基本波形に区別できるとされます。

本記事では、修正波「フラット」について、その特徴と使える戦略をまとめます。

典型的な「フラット」は上値と下値が限定的な横ばいに進む修正波です。

「ジグザグ」と違って価格修正というよりは時間修正の性質を持ち、レンジ相場をよく見ると「フラット」の形だったということが多いケースです。

ジグザグの限定的な値幅で、誤った仕掛け(ポジション入れ)をすると往復ビンタで損失を食らう可能性もあります。

スポンサーリンク

フラットの特徴(レギュラーフラット)

本記事では上昇トレンド中に発生したフラットを想定して解説します。

※実際の相場では下降トレンド中にもフラットも存在します。

以下の3つの特徴を持つものを「レギュラーフラット」と呼びます。

A-B-Cの3波構成(副次波は3-3-5波構成)

「フラット」はA-B-Cの3波で形が作られます。

副次波は3-3-5の波でA~Cの波が構成されています。AとB波は修正波、C波は推進波の副次波が現れます。

フラット波形を副次波だけで観測したときに、5波構成のように見えることがあります。

これはエリオット波動がフラクタル構造をとるために、フラット波形の中にさらに副次波でフラット波形が現れるからです。

上の図ではB波の副次波がフラット波形(A)-(B)-(C)を形成していますが、実際の相場ではA波の副次波がフラット波形を形成することもあります。

 B波はA波の始点付近まで戻る・C波はA波終点を少し越える

フラットのB波はA波の始点付近まで価格を戻します。

上の図のようにB波の副次波(A)と(C)の終点はA波始点付近まで戻っていき転換します。

この特徴があるゆえに、「フラット」は値幅が限定的なレンジ相場を作ります

また、C波は推進波の波形を作りながらA波終点の価格をすこし超えることが多いです。

多くの場合でC波は「インパルス」の形をとりますが「ダイアゴナル」の形をとることもあります。

A波とB波のオルタネーション

フラットはA波→B波と修正波が続きますが、このA・B波はオルタネーションしやすいのも特徴です。

オルタネーションとは、同じ波形の中では副次波が作る修正波同士は異なる波形になりやすいということです。

つまり、上の図のようにA波が「ジグザグ」ならB波が「フラット」、あるいはA波が「フラット」ならB波が「ジグザグ」となります。

A波とB波の副次波がつくる修正波は別々の種類のものになりやすいというのがオルタネーションです。

AとB波が「どちらもフラット」や「どちらもジグザグ」となる可能性もあります。この場合は、AかB波のどちらかが基本形よりも複雑な形を作りやすいです。

一応、これも基本形と複雑形のオルタネーションと言えます。

スポンサーリンク

他のフラットの種類

「フラット」には「レギュラーフラット」以外に変形した「拡大型フラット」「ランニングフラット」「C波巨大化フラット」が実際の相場には現れることがあります。

拡大フラット(エクスパンデッドフラット)

レギュラーフラットとは異なり、B波終点がA波始点を越えて、C波終点がA波終点を越えるようなフラットを「拡大フラット」と呼びます。

A波<B波<C波と波がしだいに大きくなるような形になります。別名「エクスパンデッドフラット」と呼ばれています。

ややこしいことに「拡大フラット」の方が「レギュラーフラット」よりも相場の出現率は高いと言われています。

例えば、

フラットより前に形成された上昇波動(インパルスor ダイアゴナル)の高値よりも「拡大フラットB波終点」が高くなってしまうことがあります。
これを見て「高値更新→トレンド継続」と勘違いしたトレーダーは高値つかみをします。そして、次の拡大フラットC波では比較的大きな下落をして損失を増やします。
結果的に投資家の中では「あの高値更新が”だまし”だった」とされます。

このような「拡大フラット」はよく出現するので、トレンド方向に5波動形成(インパルスor ダイアゴナル)を確認した後の、高値更新や安値更新は慎重に判断しなければなりません。

ランニングフラット(拡大フラット亜種)

「ランニングフラット」は「拡大フラット」の亜種です。違いはC波終点がA波終点を越えないという点です。

大きなトレンド方向への買いあるいは売り圧力が非常に強力な場合は、C波による価格修正は弱々しいものになります。

C波巨大フラット

C波の価格修正が異常に大きくなったものを「C波巨大フラット」と呼びます。

典型的な特徴を持つ「横ばいの修正波」というわりには、大きな価格修正を伴うので「フラット」とは認識しにくい波形です。

A波とB波の関係性は「フラット」の特徴を持ち、A波とC波の関係性は「ジグザグ」の特徴を持つ波形になります。

価格修正の大きさという観点からは「ジグザグ」に近い波形となります。

 

この「C波拡大フラット」も比較的出現率が高いので、知っておいて損はないです。

スポンサーリンク

まとめ:フラットは上値下値が限定的な横ばい

エリオット波動の修正波である「フラット」は「横ばいの修正波」と認識することができます。レンジ相場などでは「フラット」波形であることも多いです。

フラットの特徴は以下の3点です。

A-B-Cの3波構成(副次波は3-3-5波構成)
B波はA波の始点付近まで戻る
A波とB波の副次波が作る波形は異なることが多い

戦略としては2点あります。

①値幅は限定的→上値下値にラインを引いて逆張り手法をとる

良くも悪くも値幅は限られているので、仕掛けと手仕舞いの判断は素早くするべきです。

無理して持ち越すと損失を拡大する可能性もあるので、引いたラインにぶつかったところでしっかりと利益確定あるいは損切りをしましょう。

②修正波であるため、C波終点を狙ってトレンド方向のポジションを仕掛ける

例えば、大きなトレンド方向が「上昇」である場合、修正波の「フラット」のC波の方向は「下落」です。そのC波終点を狙ってロングを入れれば、後の推進波で利益を出すことが可能です。

 

また、フラット波形には「拡大フラット」「ランニングフラット」「C波巨大フラット」の変形が存在します。以下のことに注意です。

「レギュラーフラット」とりも「拡大フラット」の方が出現しやすい
トレンドで5波動形成あとの修正波「拡大フラット」は”だまし“になる
「C波巨大フラット」は修正波「ジグザグ」と同じくらいの価格修正をする

 

個人的には値幅の限定されたレンジ(フラット)でのトレードはあまりおすすめしません。リスクリワードが小さいと考えているからです。

仕掛けるならば、C波終点を狙う戦略の方がリスクリワード的には大きいです。

一方で売買・損切り・利益確定の判断が素早くできる方は、利益を細かく重ねていける相場でもあります。

自分のトレードスタイルや性格に合わせてトレードするか静観するかを決めましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました