エリオット波動理論の修正波「ジグザグ」の特徴とその戦略

投資の勉強
スポンサーリンク

エリオット波動理論は相場の局面を把握するのに有用なテクニカル分析です。トレンドの序盤・中盤・終盤のどこなのかを予測することに使うことができます。

エリオット波動理論にはトレンド方向に進む推進波とトレンド逆方向に進む修正波の2つがあります。

さらに、推進波はインパルス」「ダイアゴナル、修正波は「ジグザグ」「フラット」「トライアングル」と呼ばれる基本波形に区別できます。

本記事では、修正波「ジグザグ」について、その特徴と使える戦略をまとめます。

ジグザグは3つの修正波の中で1番基本的な形であり、また価格修正が最も大きな波です。

ジグザグ波形は修正波が出現する可能性のある箇所では、どこにでも現れる可能性がある波なので必須の知識です。

スポンサーリンク

ジグザグの基本的な特徴

本記事では下落方向のジグザグを想定しながら、解説をします。

※実際の相場には上昇方向のジグザグも存在します。(ジグザグの方向は、トレンドの方向の逆方向です)

ジグザグの特徴

A-B-C波の3波構成

ジグザグはA-B-C波の3波で形が作らます。また、副次波は5-3-5の波でそれぞれ構成されています。

一回り小さい時間足で見たとき、A・C波は副次波で構成された「インパルス」「ダイアゴナル」のいずれかに判断することができます。

一方で、B波は「ジグザグ」のほか、あらゆる修正波の形になります。

※あらゆる修正波:「ジグザグ」「フラット」「トライアングル」「複合修正波」

B波はA波の始点を越えない

ジグザグのB波はA波の始点の価格を割り込みません。

図のような下落のジグザグであれば、A波の始点(高値)を越えないことが典型的なジグザグと呼ぶことができます。

A波の始点を越えた場合は、「拡大フラットの可能性」「推進波の一部である可能性」を考えるべきです。

 C波はA波の終点を明確に割り込む

ジグザグのC波はA波の終点を越えていきます。

下落のジグザグであれば、A波の下値をはっきりと超えてさらに下落していくように進んでいきます。

C波の終点の目安はA波の161.8%の価格が進んだところが比率的な目安になります。(フィボナッチ比率)

月足~日足などの大きな時間足で現れるジグザグはこの特徴が顕著に出ることが多いです。

一方で、1分足や5分足など小さな時間足になるとC波があまり大きな波にならないこともあります。あるいは、フェイラー(C波がA波を越えられない)になることも稀にあります。

スポンサーリンク

出現しやすい場所

エリオット波動はフラクタル構造をとるため、一回り大きな時間足で見るとジグザグはある波形の一部分と見なすことができます。例えば

15分足で見ているジグザグは、60分足で見たときのインパルスの2波目と見なすことができることがあります
 

一回り大きな時間足で見たときにジグザグは、修正波2波、4波、B波のいずれでも出現する可能性があります。具体的に出現しやすい箇所は以下の5つが挙げられます。

  1. インパルスの2波目
  2. フラットのA波またはB波
  3. ダイアゴナルの2波と4波
  4. トライアングルのA~E波
  5. ジグザグのB波
スポンサーリンク

戦略:直近の流れに対しての逆張り

インパルス、ダイアゴナル、ジグザグ中

図のような上昇の波動で2 or 4 or B波が形成されている場面を想定して解説します。

インパルス・ダイアゴナル場合は2波か4波、ジグザグの場合はB波の完成後に逆張りをすることになります。

 

1 or 3 or Aと書くとややこしくなるため、個々では1波、2波、3波にピックアップして解説します。

① 上昇トレンド発生と考えられる1波が発生し、完成した。
② 2波がジグザグ:副次波(A)-(C)波で完成したと考えられる。
③ 次に考えられるのは上昇する3波である。

①~③のように考えられる場合←エントリー根拠

副次波(C)波終了したあと、3波の副次波(1)で買いを入れる(ジグザグに対する逆張り)
3波の副次波(2)の終点と考えられるところで買いを入れる(副次波2に対して逆張り)

の戦略をとることができます。(赤点線で囲まれた範囲)

直近の流れに対しては逆張りですが、大きなトレンドに対しては順張りであるということがポイントです。

損切りの目安はジグザグの副次波(C)波終点を割った価格

なぜなら、その価格を割った時点でエントリー根拠が破綻するからです。

副次波(C)を割ったときは、「2波がジグザグではなかった」「ジグザグの途中である」可能性が考えられます。波のカウントのやり直しをするべきでしょう。

利益確定の目安は3波が完成する副次波(5)終点と考えられる価格

このような戦略をとった場合、リスク(損失)は限定的かつ大きなリワードを想定することができます。

期待値の高いトレード戦略ということです。

フラット、トライアングル中は微妙なところ

一回り大きな波動がフラットやトライアングルを形成している途中である場合、上のような逆張り戦略はあまり有効ではありません。

なぜなら、フラット、トライアングルのいずれも値幅が限定的であり、上下に価格が触れるからです。リスクリワードの観点から期待値の高いトレードは得られません。

もしも、フラットやトライアングル中で逆張りをするのであれば、ジグザグの副次波(C)の終了したと考えられる価格です。

  • 利益確定の目安は反対側に引いてあるライン
  • このときの損切りポイントは直近の高値あるいは下値

フラット、トランアングルの修正波中ではトレードは獲れる値幅も小さく、リスクリワードも比較的小さいので個人的には力をいれてトレードをする場面ではないと考えています。やるとしたらスキャルピングになります。

スポンサーリンク

まとめ

エリオット波動理論の修正波である「ジグザグ」は修正波のなかで一番価格修正の大きな波です。上手くエントリータイミングを図れば、「インパルス」のように大きな利益を得る機会が得られます。

ジグザグの特徴は以下の3点です。

A-B-Cの3波構成であり、副次波は5-3-5である
B波はA波の始点を越えてこない
C波はA波の終点を明確に割り込む
 
ジグザグの基本的な戦略としては、「逆張り戦略」です。
注意点としてはジグザグに対しての逆張りであり、トレンドから見ると順張りになるエントリーをすることが大切です。
 
ジグザグは修正波が出現する可能性のある箇所では、どこにでも現れる可能性のある波形なので、しっかりと憶えておく必要があります!

コメント

タイトルとURLをコピーしました