エリオット波動理論の推進波「ダイアゴナル」の特徴とその戦略

投資の勉強
スポンサーリンク

エリオット波動理論は相場が序盤・中盤・終盤の「現在はどこなのか」という局面を把握するのに有用なテクニカル分析方法です。また、これからの値動きの方向のシナリオ、価格がどこまでいくのかの目安を立てることにも使うことができます。

エリオット波動理論の基礎はこちらの記事へ

エリオット波動理論にはトレンド方向に進む推進波とトレンド逆方向に進む修正波の2つがあります。また、推進波は2種類、修正波は3種類の基本波形に分類されています。

推進波はインパルス」「ダイアゴナル」、修正波はジグザグ」「フラット」「トライアングル」と呼ばれた分類があります。

本記事では推進波「ダイアゴナル」について、特徴と使い方をまとめます。

ダイアゴナルは、インパルスと比較して上下しながら価格を伸ばしていく推進波です。トレンドの始まり(1波・A波)、トレンドの終わり(5波・C波)に出現することが多い波形です。そのため、「ダイアゴナル」を知っているとトレンドの始まりと終わりを察知することに役立ちます

スポンサーリンク

典型的な3つの特徴

ダイアゴナルは、インパルスと同じく推進波に分類されます。大きな上下の波を伴って価格が進んでいきます。つまり、インパルスのような綺麗な上昇波ではないといえます。

相場に現れた波形を「ダイアゴナル」と判断するには3つの特徴に注目します。

※画像では上昇のダイアゴナルですが、実際の相場では下落のダイアゴナルも存在します

特徴①:4波は1波の終点を割り込む

1~3波まで完成した後に4波を形成されていきますが、ダイアゴナルでは4波が1波の終点を割り込んできます。同じ推進波インパルスのルール③では「4波は1波に重ならない」というルールがありますが、ダイアゴナルではこれが守られません

そのためインパルスだと想定していた波形が1波を割り込んだ場合、ダイアゴナルだったと考えを変える必要があります。(あるいは、波のカウントミスを疑うべきです。)

特徴②:波の大きさは1波>3波>5波とだんだん小さくなる

例外はありますが、多くのダイアゴナルは波の大きさが1波>3波>5波とだんだん小さくなっていく傾向があります。そして、5波の終点の目安はチャネルラインになります。

しかし、例外として5波がそのラインを越えることもあります。そのときは1波>5波>3波という3波が一番小さいような場合もあります

インパルスのルール②では「3波は1番小さくなることはない」というものがありますが、このルールも守れないことがインパルスと違う点と言えます。

特徴③:1波と3波の終点を結んだ線と2波と4波終点を結んだ線が収束する

1波と3波の終点を結んだチャネルライン(上値)と2波と4波の終点を結んだチャネルライン(下値)が収束するような形になります。

収束するとは、少しずつ上値と下値のチャネルが近づいていき、どこかで交差するような形であるということです。

チャネルラインが5波の終点の目安とすることができます。あるいは、そのチャネルラインを少し越えたところが終点になることが多いです。そのため、このラインが利益確定の目安という戦略が立てられます

小まとめ:特徴と感覚

これは私の感覚も含みますが、インパルスを想定してチャートを見ていたときに

1波がかなり大きい印象を受ける+2波の価格修正も大きいときはダイアゴナルの場合が多いです。(2波は1波を割り込みません)それに加えて、上記で紹介した3つの特徴

4波が1波を割り込んでいる
1波>3波>5波とだんだん小さくなる
上下のチャネルラインが収束する形になる

が事実として出てくるとダイアゴナルと判断して良いです。

また、フラクタル構造の点から見ると、ダイアゴナルは一回り大きな時間足でみた波動のなかで、推進波の1波や5波あるいは修正波のA波やC波などトレンドの始めと終わりに現れることが多いです。これをリーディングダイアゴナルとエンディングダイアゴナルと言います。

スポンサーリンク

戦略:リーディングダイアゴナルとエンディングダイアゴナル

リーディングダイアゴナル

一回り大きな時間軸でトレンド転換したときに現れる1波A波がダイアゴナルをリーディングダイアゴナルと呼びます。つまり、新しいトレンドの「最初の波」と考えることができます。

例えば(上の画像参考)

大きな下落トレンドのあとに上昇のダイアゴナルが確認できた場合、これは上昇トレンドに転換した可能性があると考えることができます。

その後の2波が1波の始点を割り込まなかったことを確認すると、3~5波で上昇トレンドを作っていくというシナリオが最も有力であると予測できます。そのため、2波終点や3波の始点で買いエントリーすると期待値の高いトレードができます。

押目買い、戻り売りの戦略の根拠にすることができます。

エンディングダイアゴナル

一方で一回り大きな時間軸のトレンド終盤で現れるダイアゴナルをエンディングダイアゴナルと呼びます。具体的には5波やC波に現れます。つまり、トレンドの「最後の波」と考えることができます。

例えば(上の画像参考)

上昇トレンドが続いていた相場の末、最近に作られた波の形がダイアゴナルだった場合、トレンドの終わりの可能性を考えることができます。

トレンド方向に対しての推進力(価格を伸ばす力)が尽きかけの状態なので上下が激しく、ためらいながら進みます。

これはトレンド転換のサインと考えられるので、上昇トレンドの終わりの場合はdダイアゴナルの5波での「逆張りの売り」が有効であると考えられます。逆にここで買ってしまうと高値掴みの危険があります。

エンディングダイアゴナル完成後は、もとのトレンドと逆方向へ比較的早いスピードで進んでいくことが多く、エンディングダイアゴナルの始まりあたりの価格が戻る目安になります。(図のように、A波が5波始点あたりまで落ちるイメージ)

スポンサーリンク

まとめ

エリオット波動理論の推進波である「ダイアゴナル」はトレンドの始まりと終わりに出現しやすい波形です。そのため、ダイアゴナルの特徴を押さえておくと、押目買いや戻り売りの逆張り戦略に有効です。

ダイアゴナルの特徴は以下の3点です。

4波が1波の終点を割り込む
基本的に1波>3波>5波の大きさで進んでいく
上値と下値のチャネルラインは収束する

そして、ダイアゴナルはトレンドの始まりと終わりに現れる傾向にあります。

トレンドの始まりの波:リーディングダイアゴナル:1波やA波
トレンドの終わりの波:エンディングダイアゴナル:5波やC波

これらを把握することで、ダイアゴナルの2波で押目買いや戻り売り戦略で期待値の高いトレードができます。あるいは、トレンドの終点(5波)での高値掴み底値売りに注意を払うことができるようになります。

「ダイアゴナル」と同じ推進波である「インパルス」の特徴や戦略を合わせて知っておくと、より戦略的なトレードをすることができます!合わせて下の記事もどうぞ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました