エリオット波動の推進波「インパルス」の特徴と使える戦略

トレード理論

エリオット波動理論は相場の流れ(局面)を掴むことに有用なテクニカル分析です。

トレンドの序盤・中盤・終盤の「今はどこなのか」を判断することができます。そして、これからの値動き方向のシナリオを予測するのに有効です。さらに、価格がどこまでいくのかの目安を立てることもできます。

エリオット波動理論の基礎はこちらの記事

エリオット波動にはトレンド方向に進む推進波とトレンド逆方向に進む修正波の2種類に分類されます。

さらに、その推進波はインパルス」「ダイアゴナルの2つの基本波形に分類されており、修正波はジグザグ」「フラット」「トライアングルの3つの基本波形に分類されています。

本記事では、推進波「インパルス」について特徴と使い方をまとめます。

インパルスはすべての波形の中で最も価格が大きく動く可能性が高く、トレードにおいて大きな利益を出せるチャンスにナなる波形です。

スポンサーリンク

インパルスの3つのルール

「インパルス」は値動きがスッキリ伸びていく推進波です。高値を切り上げ底値を切り下げずに進んでいきます。

波形をインパルスと判断するには3つのルールを満たしている必要があります。

※この解説で用いる画像は上昇のインパルスですが、もちろん実際の相場には下落のインパルスも存在します。

ルール①:2波は1波の始点を割り込まない

アクション波の1波と想定される波が完成した後、次にリアクション波の2波の形成が始まります。このときに、1波が始まったと考えられる価格に2波が割り込まないことが必須条件です。

2波が1波の始点を割り込んだ場合は、「インパルスができるかも」という期待・シナリオは否定されます。そして、1波と想定していた波はほかの修正波(ジグザグフラットトライアングル)の一部であると考えることができます。

逆に「1波を割り込まなかった」となると、続くのは価格を大きく伸ばす3波です。そのため、ここが期待値の高いエントリーポイントと考えることができます。

ルール②:3波は1番小さくなることはない

波の大きい・小さいの比較は波の始点から終点までの値幅を比べます。より正確に比べるのであれば、「値幅の上昇率」を計算するといいです。

インパルスでは、価格を伸ばしていくアクション波である1、3、5波を比べたときに3波が1番小さくなることはないとされます。

1波 ≦ 3波 ≦ 5波:3波が2番目に大きい(1波が最小)
5波 ≦ 3波 ≦ 1波:3波が2番目に大きい(5波が最小)
1波 ≦ 5波 ≦ 3波:3波が1番目に大きい(1波,5波は順不同)
3波 ≦ 1波 ≦ 5波:3波が一番小さい(1波,5波は順不同)
例外として、3波が1,5波と比べて”わずかに”小さくなる場合もあります。
しかし、基本的には完成したインパルスを見るとこのルールは守られています。
また、1,3,5波がほぼ同じ大きさになることも絶対ないとは言い切れませんので、「例外がある」ということを頭の片隅に入れておきましょう。

ルール③:4波は1波に重ならない

アクション波の3波が完成した後、次にはリアクション波の4波が始まります。4波は3波に対する価格修正、あるいは時間修正をする波です。
4波修正の過程で、4波は1波に重ならない。
つまり、4波は1波の終点を割り込まないという条件がインパルスの条件です。
 
もし4波が1波を割り込んだ場合の2つの対処
1.そもそもの波のカウントを見直す必要がある
2.インパルスではなく、ダイアゴナルの可能性を考える

「インパルス」と「エリオット波動理論」のルールの勘違いに注意

以上の3つのルールが推進波「インパルス」を判断する3つのルールです。
これに当てはまらない場合は、ほかの波形の一部分である、または同じ推進波「ダイアゴナル」の可能性が考えられます。
書籍や他サイトではこの3つのルールを「エリオット波動理論」の3原則と紹介していることもありますが厳密には誤りです。
これらはあくまで「インパルスの3ルール」です。
 
エリオット波動理論の3原則は以下の3つです。
価格を5波動で推進し、3波動で修正する
フラクタル構造をとる
5つの波形に分類できる(インパルス、ダイアゴナル、ジグザグ、フラット、トライアングル)
参考書籍「エリオット波動研究
詳しい解説はこちらの記事へ:エリオット波動理論の基礎まとめ
「インパルス」と「エリオット波動理論」のルールの混同に注意しましょう。
スポンサーリンク

よく見られるインパルスの特徴と戦略

インパルスの他の特徴としては、以下の3つが挙げられます。

チャネルラインが綺麗に並行に引けることが多い
5-3-5-3-5の副次波で形成される
フィボナッチ(黄金比率)で進んでいきやすき

インパルスは並行なチャネルラインが引ける

典型的なインパルスでは上の画像のように1波と3波の終点を結んだライン(上値)と2波と4波の終点を結んだライン(下値)が並行になりやすい特徴があります。
そのため、戦略として2点考えることができます。
3波完成後、チャネルライン(上値)を2波終点に並行移動させて4波終点の価格を想定できる
チャネルライン(上値)から5波の終点の価格を想定できる
もちろんチャネルラインを割り込むこともあります。逆にラインにタッチしないこともあります。
とはいえ、有用な1つのシナリオとして使うことができます。

5-3-5-3-5の副次波で形成される

1~5波はそれぞれ副次波で形成されています。上の画像のオレンジ丸で囲われた例のように、1波は5つの副次波、2波は3つの副次波で作られています。これらはフラクタル構造の概念を理解すると話が早いです。

実際のチャートでこれを確認するには、1波と定義している時間足よりも小さな時間足で確認できます。(例えば、60分足で1波を見ているなら、15分足で1波の副次波を確認できる)※1分足や5分足と短い足になるとノイズの影響が大きいので、確認し辛くはなります。

このように、インパルスの1、3、5波は5つの副次波で作られ、2,4波は3つの副次波で作られています。

使える戦略としては

3、5波の副次5波で利益確定のメドを立てられる
2,4波の副次3波で逆張りエントリーをする想定をできる
推進波・修正波の観測に使っている時間足よりも一回り小さい時間足で副次波を観測することで、利益確定・エントリータイミングの戦略立てが可能です。

インパルスとフィボナッチの関係

上の画像には典型的なインパルスとフィボナッチ比率の関係を示します。一般的に知られている黄金比率はフィボナッチ比率のことです。

黄金比率は自然界の成長や物質の生成過程などに見られるほか、人間が見て美しいと感じる比率ともされています。そのような比率が相場にも現れます。

インパルスで観測されやすいフィボナッチ比率は以下の3点です。

① 2波は1波の50~61.8%まで価格修正する
② 3波は1波の161.8%まで推進する(それ以上もあり)
③ 4波は3波の38.2%まで価格修正する
私が普段トレードをしている体感ではありますが、①の2波の50~61.8%の価格修正はよく観測されるパターンで信頼度が高いです。逆に61.8%以上の価格修正の場合は「インパルス」というシナリオを私は疑います。
 
あくまでこの比率は“絶対”ではなく、1つの”目安”であるという認識が大切です。
私が使っている限りではフィボナッチ比率はかなり有用ではありますが、過信には注意しましょう。
スポンサーリンク

まとめ:インパルスは利益を伸ばす好機

インパルスはエリオット波動のなかでも価格が大きく動きやすい波形です。そして、綺麗な値動きをするので利益を伸ばすチャンスにもなります。その「インパルス」と判断する3つの条件は以下のようなものでした。

2波は1波の始点を割り込まない
1波、3波、5波の中で3波は1番小さくならない
4波は1波に重ならない
そして、並行の綺麗なチャネルラインが引きやすい・5-3-5-3-5の副次波が観測できる・フィボナッチ比率で進んでいきやすいという3つの特徴から信頼度の高い戦略やシナリオを立てることができます。
 
「インパルス」の始まり(1、2波)を相場で観測した場合、それは利益を伸ばすチャンスかもしれません!
FXは「習うより慣れろ」と考えています。今からエリオット波動をカウントする経験を積んでいきましょう!
おすすめの参考書籍:エリオット波動研究

コメント

タイトルとURLをコピーしました