FXトレードが上手くなる考え方のコツ【自己解決型で考える】

投資・トレードの勉強

FXをやるからには、できるだけ早く上達して勝ちたいですよね。誰でもそうです。だけど、いくらやってもトレードが上手くならない

なんでいつも自分は失敗するんだ!と同じような失敗を繰り返して悩むことも多いです。分かっていてもトレードルールを守れなかったりもします。

上達する方法や勝てるという手法を調べて、試してみてもなかなか上手くいかない。「手法が悪い!」「トレードルールが悪い」と考えてしまうこともあります。

しかし、実はその方法が原因ではないかもしれません。自分のトレードに対する姿勢を顧みたことはあるでしょうか。姿勢というのは、トレードした結果の“責任”に対する考え方です。

この記事では、ローカス・オブ・コントロール(統制の所在という教育心理学の概念に基づいて、トレードが上手くなる考え方を紹介します。

トレードで損をしたときに、「相場が難しかった」「運が悪かった」「勝てない手法だ」「〇〇さんが悪い」など考えてしまう人は要注意です。

スポンサーリンク

2つの思考タイプ

ローカス・オブ・コントロールとは、行動の結果(成功や失敗)の原因を内的要因か外的要因のどちらに求めるかで2つ思考タイプに分けています。内的要因というのは”自分”であり、外的要因とは”他人や環境など”です。

自己解決型(内部統制型)

自己解決型は成功や失敗の原因は、自分自身にすべて責任があるという考え方です。

この思考タイプに偏る人は自分と他人を比較せず、自己肯定感が高い傾向にあります。他人の行動に寛容でもあります。

また、問題が起きたときに能動的に解決を試みる姿勢があります。

他者依存型(外部統制型)

成功や失敗の原因が他人や環境(境遇や運)などに責任があるという考え方です。

この思考タイプに偏る人は責任をコントロールできないもの(社会や運など)に求めるため、周りの環境や他人に影響を受ける傾向にあります。また、他人の一挙手一投足を気にしがちです。

問題が発生したときには受動的な姿勢を示し、その解決を他人や環境に求めます。

要は「自分で責任をとるか、他人に責任転嫁するか」

仕事や学問、スポーツなど様々な分野において、「自己解決型」の思考が強い人の方が能力的に優れています。そして、成功する可能性も高いです。なぜなら、自分自身で責任をとることから反省と改善ができるためです。失敗に対しても前向きに対処でき、次の行動への糧とすることができます。

一方で「他者依存型」の思考を強く持つ人、とくに失敗に対して自分の責任を認められない人は、周りに責任を求め続けます。そのため、成長がなく同じような失敗を繰り返します。

現実的には、100%自己解決型人間や100%他者依存型人間というのはほとんどいないでしょう。場面に応じて2つの思考タイプを使い分けていると思います。

  • ときには自分に責任を感じ、ときには他人が悪いと思う
  • ときには自分の努力のおかげと誇らしくなる、ときには運が良かったと謙虚になる

日常的にこうした2つの思考タイプを使い分けています。

しかし、FXトレードをする場合は「自己解決型100%」の思考でトレードの結果を受け止めるべきです。「他者依存型」の思考を排除しましょう。

特にトレードで損をしたとき、この「自己解決型」思考でいられるかどうかが、今後の成功の可能性を左右します。

スポンサーリンク

自己解決型のトレード思考

自己解決型の思考では、トレードの結果が損失だったとしても自分の責任に置き換えてポジティブかつ能動的に原因を考えます。具体的には

他のトレーダー、ヘッジファンド、要人のせいにしない
ニュースやSNSで得た情報のせいにしない
運や相場のせいにしない
損切りができないという悩みは多くの人が経験しますが、これは自分の間違いを認められないことが原因が主です。
トレードで損をしたとき、「自分の間違いを認めること」が大切です。そして、その間違いから学ぶ姿勢がトレード上達の鍵です。
他へ責任転換してばかりだと損切りができなかったり、同じ失敗を繰り返します。

他者依存型→自己解決型へ思考を変える

今日から他者依存型の思考をやめて、自己解決型へ思考をシフトしましょう!極端な具体的な例を示します。(他):他者依存型、(自):自己解決型

①テクニカル手法で売りシグナルが出て売ったら、相場が上がり続けた

(他)このテクニカル手法は使えない!でたらめだ!なんて運が悪いんだ!
(自)シグナルがダマシだと判断はできなかったのか?相場の大局や雰囲気は本当に売り方向だったのか?この手法で自分が改善できるところはないか?

②為替ニュースサイトで1$=120円の可能性が高いと書いてたから買った。なのに、相場は下がる一方ではないか!

(他)デマ情報を信じ込まされた!発信者のことが許せない!下がる相場が間違っている!上がるはずだ!〇〇のせいだ!
→(自)他人の意見や情報だけでトレードをした自分が悪い。ファンダメンタル要素を見てもテクニカル面も考慮して、自分で判断できるようになろう。「相場に絶対はない」ということを肝に銘じよう。
 
悪い結果は「すべて自分に何か責任があった」と考えることで、問題解決への意識が芽生えます。注意点としては、「ただ自分を責めるだけ」とは違うことです。
失敗した経験をただの経験として終わらせるのではなく、前向きに分析して手法や心理面の改善に利用するべきです。

解決策を引き出すちょっとしたコツ

失敗したトレードはノートなどに記録して、解決策を考えるのがおすすめです。

ちょっとしたコツとしては、その解決策(考えるべきこと)を疑問文で書き出すということです。人間の本能として「疑問文」を見ると、その答えを導き出そうと反射的に頭を働かせます。

例えば、今日の晩ご飯のメニューを考えるときに「今日の晩ご飯」と書くよりも「今日の晩ご飯は何にするか?」と書いた方がスッと考える姿勢になります。

スポンサーリンク

他者依存型のトレード思考は”無駄”

他者依存型の思考の特徴として、「問題解決を他者へ求めること」があると述べました。これは、他者や環境や相場に「変化を求める」ということです。(自分は変わろうとせず、周りを変えようとする)

 

人間の脳の構造には変化を拒むような恒常性維機能(ホメオスタシス)が備わっています。そのため、「自分を変える」というのはエネルギー(努力)を必要とします。

 

ただでもエネルギーを使うその行為を変わるかも分からない他者に求めるというのは、とても非効率的と言えるでしょう。他人の売買に対する意見や相場の耳より情報へ責任転嫁するのは無駄です。

 

そして、そもそも相場や運というものは個人がコントロールできません。コントロールできたら苦労はしないでしょう。

そのコントロール不能の相場や運に責任を求めたところで非生産的です。残るのは悲壮感や無力感だけです。失敗の根本的な解決には至りません。

スポンサーリンク

まとめ:自分のトレードに責任を持つこと

FXや投資をやる上では自己解決型の思考で物事を考えるのが重要です。つまり、自分のトレードの結果に自分自身で責任をもつということです。他人の情報や相場、運のせいにしていては成長はできません。

自分に責任を持って、自分の失敗から学ぶことが上達する方法

トレードに責任を持つ3つのポイント

様々な成功したトレーダーや投資家のインタビューをまとめた書籍「マーケットの魔術師においても多くの成功者が自分自身のトレードに責任を持つことの大切さを説いています。

  1. 自分自身でトレード戦略を考える(独立した考えができる)
  2. 自分の頭でエントリーや損切りの判断を下せる
  3. 失敗から学ぶ姿勢を持つ(間違いを認めることができる)

損をしたときに、ついつい「運が悪かった」とか「手法が悪い」などを考えてしまう人は今日からその思考をやめてみましょう。失敗には必ず理由があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました