【FXの武器】エリオット波動で相場の局面を予測する・理解する【基礎まとめ】

5波動3波動 投資の勉強
スポンサーリンク

小学生の頃に“大縄飛び”をやったことはあるでしょうか。

大縄飛びに上手く入るためには、縄のリズムを見て、しかるべきタイミングを計らなければなりません。

FXも同じように、正しいエントリータイミングでポジションを持つために、相場のリズムを知らなければなりません。間違ったポジションを持てば、損をすることになります。

相場の価格の上下はランダムに見えて、実は一定のリズムを持っています。

その相場のリズムを把握するために使うことができるのが“エリオット波動理論”という武器です。

本記事ではエリオット波動理論のメリット・デメリットの紹介と基礎知識をまとめます。

スポンサーリンク

エリオット波動理論とは

エリオット波動理論とは、1930年代にアメリカ人のラルフ・ネルソン・エリオットが発見した株価変動の原理を体系化したものです。

エリオットは膨大な数の相場観察の末に値動きに繰り返し見られる基本的なパターンを見つけ発表しました。

そして、それをもとに多くの人がさらなる知見を蓄積した末が現在のエリオット波動理論です。

なぜ、数十年前の理論が通用するのか?

長年、この理論が相場に通用するのには理由があります。

そのポイントは3つあります。

エリオット波動理論は人間の集団心理に基づいて相場のパターンを見いだした
相場は人間の心理(根本的な感情:恐怖や欲望)によって動いている
人間の心理は時代を超えて共通して持っているものである

嬉しいとか悲しい、怖いと欲しいなどといった人間の心理は、原始時代の進化の過程で獲得したものであり、現在に至るまで不変のものです。

時代によって変わることのない人間の心理に基づいた理論であるため、人間の心理で動く相場に対して、現代でも有効です。

メリット

短時間足から長時間足まで適用できる
相場はフラクタル構造をとるとされているため短時間足から長時間足までエリオット波動の考え方を適応できます。
つまり、スキャルピング、デイトレード、スイングトレードどのスタイルでも使えます
シンプルかつ相場の局面が分析できる
基本的にはローソク足の流れにラインを引いて波をカウントするだけの分析なのでシンプルです。
カウントした波が何番目の波かによって、相場の局面を判断することできます。詳しくは後ほど説明します。
今後のシナリオパターンを考えることができる
完成されたと考えられる相場を分析して今後の動き(シナリオ)を予想することができます。
さらに、リアルタイムでラインを引きながらでも、価格がどこに落ち着くか、直近で上がるか下がるかも予測することも訓練することで可能です。

デメリット

あくまで理論、客観的なトレード根拠になり得ない
あくまで原則であり、相場に絶対はないといことです。
そして、他のテクニカル分析のようにシグナルが出るわけではありません。相場のリズムに対して「どのパターン(波)に当てはまるか」は主観的な判断になります。
必ずしも「買い」「売り」と判断するのは難しいです。
明確なトレードルールにはなり得ない
シグナルがないという点と主観的という点から、「ここでエントリー」「ここで損切り」といった明確なポイントを決めるようなルールにはなり得ません。
 
エリオット波動理論は相場のリズム・大局を知ることができますが、他のテクニカル分析と組み合わせることが必要であることに注意です。
スポンサーリンク

3つのコンセプト(概念)

エリオット波動理論を理解する上で必要な3つの概念があります。

5波動(1/2/3/4/5)で推進して3波動(A/B/C)で修正する

5波動3波動

相場の流れが上方向だった場合、画像のように5つの波で推進(上方向に推移)して、その後に3波で修正(逆方向へ推移)します。

推進波:5つの波で構成される波動、トレンド順方向
修正波:3つの波で構成される波動、トレンド逆方向

それぞれ1波から5波、A波からC波とカウントを取るのが一般的です。

フラクタル構造をとる

フラクタル構造

画像のように60分足の波を15分足で見ると1波が5波で作られている。さらに、15分足の波を5分足で見ると同じく1波が5波で作られている。

といった同じような構造が長い時間軸と短い時間軸で共通して見られることをフラクタル構造といいます。

人形の中に同じような小さな人形が入っている“マトリョーシカ”をイメージしれもらえればOKです。

アクション波とリアクション波

上で述べた推進波と修正波はアクション波とリアクション波から構成されていると考えます。(5つの波と3つの波の名称)

この2つをまとめて“副次波”と呼びます

アクション波:一回り大きな波(推進波or修正波)と同じ方向の波
リアクション波:一回り大きな波と反対方向の波

エリオット波動理論ではこのように定義しています。

少しややこしいですが、

フラクタル構造であることから上位足でアクション波だった波は下位足で見ると推進波と捉えることが可能です。

そして、その下位足で捉えた推進波はアクション波とリアクション波の5つから構成されていると考えられます。

このように長い時間足からか短い時間足へ拡大して見ていくと、同じ構造が繰り返し現れていくのがフラクタル構造です。

この点において、短時間足から長時間足までエリオット波動理論が有効とされます。

波のパターンは基本波形5つに分類できる

5つの波形

アクション波とリアクション波の構成の違いによって、基本的な波形が5つに分類できるとされています。

本記事では名称の紹介のみにとどめます。

修正波:ジグザグ、フラット、トライアングル
スポンサーリンク

波の特性:波のカウント数とそれに応じた相場感

推進波を作る副次波1~5波と修正波を作るA~C波にはそれぞれ特性があり、相場感に当てはめて説明することができます。

現在がどの波のカウントであるか判断することでトレンドの序盤なのか中盤なのか終盤なのか、それとも終わったのかを検討付けることができます。

買うべきか売るべきか、何もしないべきかの戦略立てに役立ちます。

ここでは、上昇トレンドの例を使って説明します。

波の特性

1波:アクション波:始まりの波

相場感:「まだ下降トレンドが続いている」「一時的な上昇に過ぎない」「ここで戻り売りをしよう」と考えられることが多いです。しかし、今までの下降トレンドが続いていると見せかけて、実は”トレンド転換”している波になります。

下降トレンドの上昇波動とは異なり、出来高が高いことや上昇の勢いが強いことが特徴です。テクニカル分析でもトレンド転換のサインが見られたりもします。

急落後では下げすぎの反動(利益確定や逆張り)などで、突発的に勢いよく完成することもあり、1波を予測して獲ろうとするのは難しいとされます。

だいたいは、2波ができた頃に1波があったことが分かります。

2波:リアクション波:価格調整の波

相場感:下降トレンドの継続と考えているトレーダーたちの戻り売りによって、大きく下落することが多いです。「安値を更新するのではないか」という期待あるいは不安が相場に広がります。

下落の目安としては、1波を参考にフィボナッチで23.6~38.2%または61.8%までとさます。

もちろん、絶対ではないので修正がそれ以上に強いことも弱いこともあります。

1波の始点を割ってしまった場合、波のカウントを間違っている可能性が高いです。

3波:アクション波:強力に価格を伸ばす波

相場感:ファンダメンタルやテクニカルでもトレンドを裏付けるような材料が出手いることが多い。誰が見ても「トレンドだ!」と確信できるようなほど相場が熱狂する。

アクション波の1、3、5波の中で一番強力に価格を伸ばす可能性が高いです。

そのため相場で最も美味しい部分つまり、利益を大きく伸ばせる部分です。

1波を基準としてフィボナッチの161.8%まで価格を伸ばすことが期待されます。

しかし、場合によってはそれ以上に延長(エクステンション)されることがあり、そのときは161.8%を越えていきます。

4波:リアクション波:価格と時間調整の波

相場感:“一部の利益確定勢と逆張り勢”vs.”トレンド継続を考える新規買い勢”の構図になります。そのため、価格修正よりも時間修正の場合が多くなります。つまり、高値でレンジが長引く相場になります。

値幅のメドは1波の高値(終点)まで、あるいは3波の副次波4波の終点と言われています。

さらに、ジグザグが終わった後にフラットが発生するなど、相場のパターン判断が複雑化・レンジの長期化が見られることもあります。

一言でいうなら、じれったい相場です。

終わりを予測するのは難しく、何かしらのきっかけ(指標や発言)待ちが多いです。

5波:アクション波:終わりの波

相場感:トレンドに対して強気勢(順張り継続勢や新規の順張り)vs.トレンドに対して弱気勢(利益確定勢や新規の逆張り)が入り交じっています。このバランスによって、3波の高値を超える場合と越えない場合に分かれます
5波の終点が3波終点を越えられない場合をフェイラーと言います。
これはいわゆる、“ダブルトップ”として観測されます。
一方で3波終点を越えたあと、相場の過熱感が残っていると延長(エクステンション)する場合もあります。
3波終点を越えるか越えないかが注目されるトレンド最後の波です。
この波でトレンドフォロー(順張り)思考をきっぱりと辞める必要があります。

A波:アクション波:トレンド転換の波

相場感:5波での高値での利益確定売り、逆張りの売りを狙ったトレーダー勢によって下落します。1~5波で作られたトレンド内の価格修正と勘違いされやすい波です。
2波や4波の下落と同レベルと想定されることが多いですが、実際完成した波はそれ以上に大きな下落が観測されます。
ここで、買いを入れた場合は次のB波が逃げる最後のチャンスとなります。

B波:リアクション波:ダマシの波

相場感:A波の下落に対して、上昇して価格修正する波です。1~5波で作られたトレンド方向と一致するため、「修正局面が終わって、トレンド継続だ!」と判断を誤らせるダマシの波です。前のトレンド方向なので、心理的にも楽観的になります。
テクニカル的にはA波の下落に伴って、トレンドに対して弱いサインになっているあるいは、トレンド転換のサインが出そうになります。
また、ファンダメンタル的にも材料とかみ合わない場合もあり、しっくり来ないことが多いです。
 
たちが悪いのが、B波が5波高値付近まで到達することがあることです。これによって上昇トレンド継続を信じてしまいます。
 
待っているのはC波(強烈な下落)です。

C波:アクション波:前のトレンドを打ち消す波

相場感:B波を伴って、思ったよりも価格が伸びないことによる失望や利益確定、新規の売りが重なり大きな下落をします。ファンダメンタルやテクニカルでもトレンド転換のシグナルが点灯します。
基本的には1~5波のトレンドを壊すような下落になり、特に長い時間足であればその下落は強い傾向にあります。
そのためB波で逆張りをした場合、このC波では大きな利益を得られる可能性があります。
 
しかし、1分足や5分足などの短い時間足では、A波に終点を越えられないような小さな下落になることもあります。
これをC波のフェイラーと呼びます。
 
C波のフェイラーの場合、上位足で見たときにはそのC波が2波や4波の副次波と考えられます。
スポンサーリンク

まとめ

最後に、今回の内容についてピックアップしたものをまとめます。

エリオット波動理論は、

相場のリズム(局面)を把握するのに有用である
スキャルピングからスイングトレードまで通用する理論
ただし、他のテクニカル分析と合わせて使うべき
 
推進波(5波動波)+修正波(3波動)の特性(相場感)を掴むことで、トレンドの局面を把握、予測することができます。
特に
3波:トレンド方向に強力な価格推移をする(大きな利益が見込める)
5波:トレンドの終わり。順張り思考を止めて利益確定しなければならない
C波:新しいトレンドの大きな波になりやすい(B波での逆張りが有効)
相場に絶対はありませんが、エリオット波動理論を理解して相場に当てはめられるようになるとトレードの信頼度が上がります。
 
エリオット波動の勉強におすすめ書籍:エリオット波動研究

コメント

タイトルとURLをコピーしました